H.I.S.アメリカ発の
総合旅行サイト

0

 

一覧へ戻る

PKGツアーコードLTE-LIM19-SUPDAN

割引中

【2019・初夢フェア】ぺルー・弾丸スペシャル2泊3日
スーペリアクラス滞在・日本語ガイド
~クスコ・マチュピチュ~

時間のない方におススメ!
クスコとマチュピチュ遺跡を日本語ガイドが専用車でご案内します!

料金
(大人1名)

$1185~

  • 2泊3日/基本毎日
  • 日本語ガイド
  • ペルー・ボリビア発

予約する

ポイント

  • お時間が余り取れない方にぴったり!
  • 世界遺産クスコ、マチュピチュを日本語ガイドが専用車でご案内します!
  • クスコでは珍しい12角の石があるアトゥン・ルミヨク通りやインカの城塞都市サクサイワマン遺跡へご案内します
  • わかりずらい遺跡の説明も日本語で説明するので大変わかりやすいツアーです。
  • リマは空港ホテルなので、夜遅くに到着しても、ラクラク!
  • マチュピチュでは、スーペリアクラス滞在でより快適な旅!
  • 初夢弾丸
  • 【世界遺産】リマ
    南米の太平洋岸の中心地でもあるリマはチャラと呼ばれる海岸砂漠地帯に位置し、年間を通して雨が殆ど降らない乾燥した地域にある。旧市街であるセントロのアルマス広場には、スペイン征服者ピサロが定礎を置いたカテドラルが聳え、植民地時代に財力をつぎ込んだ政庁や市庁舎がその周囲を囲む。この約500年前からの植民地時代の歴史を感じさせる古い街並みが、世界遺産に登録されている。
  • 【世界遺産】クスコ
    インカ帝国の首都として栄えたクスコは、インカ帝国が急速に勢力を拡大した9代皇帝パチャクティの時代に都市機能を備え、皇帝の宮殿や神殿が建てられ、きらびやかな財宝や像が中を飾っていたという。しかし、1534年スペイン軍がクスコへ侵攻し、街を破壊。インカの精巧な石組みを土台として、スペイン人は教会や家屋などスペイン風の街並みを築いた。このインカの名残とスペイン征服の歴史が融合した独特の不思議な光景がこの街の魅力である。
  • 【世界遺産】マチュピチュ
    標高2400mの尾根に造られた、15~16世紀に反映した南米最大の大帝国インカの空中都市がマチュピチュである。正確に切り出された石を積んで建造されたこの都市は、山や渓谷とジャングルに囲まれた雄大な景色の中に広がる。9代皇帝パチャクティの離宮として利用されていたという説が有力だが、いつ建造されたものかは未だ明らかになっていない。また、これだけ多くの石をどうやってこの山麓まで運び込んだのか、何故このような山深くに都市を造る必要があったのか、と、この遺跡に纏わる数々の謎がより一層訪れる人の興味を誘う。

注意事項

  • 当コースは、安全上の都合により、5歳未満のお子様の参加を承ることができません。親御様のご責任において、5歳未満のお子様をお連れされる場合はご相談下さい。
  • ご出発地からリマまで、及びペルー国内の航空券代はツアー代金に含まれません。
  • 手配ご希望の方はH.I.S.バケーションデスクまでお問い合わせください。
  • ニューヨーク・バケーションデスク:TEL 1-888-893-6228
  • ロサンゼルス・バケーションデスク:TEL 1-888-544-7868
  • 米国出発はツアー出発の前日になる場合があります。米国帰着はツアー終了の翌日となります。
  • <アメリカご在住のお客様>
  • Fビザをお持ちのお客様は、裏書に学校からの新しいサインが入ったI-20の書類提示が必要です。Jビザをお持ちのお客様は、裏書に勤務先研究機関からの新しいサインが入ったDS-2019の書類提示が必要です。いずれの場合も、学校又は勤務先研究機関に必ず詳細をご確認の上、適切な手続きを行った上でご出発頂くようお願い致します。
  • 弊社は、米国及び諸外国への出入国に際し、パスポート・ビザに関するトラブルが発生した場合も、一切の責任を負いかねます。
  • <アメリカ以外にお住まいのお客様で、アメリカ経由でペルーに入国されるお客様>
  • ※1/21にアメリカのビザ免除プログラムが改訂され、下記に該当する場合はESTA(電子渡航認証)不可、VISAの取得が必要となりました。
  • ・イラン、イラク、スーダン、シリアいずれかの国籍を有する二重国籍者
  • ・2011年3/1以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方
  • (ビザ免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては限られた例外有り)
  • 万が一該当する場合はアメリカVISAの取得が必要です。
  • アメリカ大使館HP
  • ※乗継ぎ地(アメリカ合衆国)の審査上、「機械読み取り式の旅券」でない場合、査証(ビザ)の必要な場合がございます。
  • ※アメリカ通過の際に、「電子渡航認証システム・エスタ(ESTA)」の申請が必要となります。 ESTA取得代金はツアー代金には含まれません。お客様ご自身で直接取得して
  • <旅行内容に関して>
  • ※パスポートの残存有効期限の不足、及び査証(ビザ)の不備等には十分ご注意下さい。お客様ご自身がご確認されない 場合は、当社としては責任を負いかねます。ご了承ください。
  • ※日本国籍で観光目的(3ケ月以内の滞在)の場合、査証は必要ありません。
  • ※2017年4月よりパスポートの残存期限は6ヶ月以上必要となります。
  • (ペルー入国時にパスポートの残存期限が6ヶ月をきる場合はパスポートの更新をお済ませください。)
  • ※2013年11月よりパスポートの未使用査証欄が5ページ以上必要となりました。査証欄の余白が足りない方は、パスポートの増補申請又は、更新をお願い致します。
  • ※マチュピチュまでの列車は荷物制限がございます。重量5kg、縦横高さの合計157cm以内でお願いします。
  • ※現地習慣により、原則、シャワーのみでバスタブのない部屋をご用意しております。
  • ※現地事情により訪問都市、観光順序を変更してご案内する場合がございます。
  • ※フライトの時間により、朝・昼食が軽食又はお弁当になる場合がございます。
  • ※一部ペルー空港使用税は現地にてお支払いいただきます。
  • ※表示代金は旅行代金です。旅行代金には燃油サーチャージが含まれています。航空会社の申請により、燃油サーチャージの増減があった際も追加徴収又はご返金は致しません。また為替レートの変動による過不足についても追加徴収又はご返金を致しません。予めご了承下さい。
  • ※表示代金の他に空港税等(出入国税、空港施設利用料、税関審査料など)は別途必要となります。
  • ※ご旅行申込み時にパスポートの番号、有効期限、生年月日を必ず担当へご連絡お願いします。
  • ※【高山病に関して】 高山病とは低地から高地へ上がった時に、低気圧と低酸素に体が順応できずに起こる倦怠感、耳鳴り、めまい、吐き気などの諸症状。低地から高地へ登る時間が早ければ早いほど発症しやすくなります。クスコやティティカカ湖は標高が 3,000m を越える高山なので、低地から登ってくる3人に2人が山酔いと呼ばれる軽い高山病の症状を起こすようです。また、高山病を予防するには、アルコールや睡眠薬が大敵。どちらも呼吸を抑制する働きがあり高山病にかかり易くなります。高地に到着した日とその前後日は飲酒と睡眠薬の服用は控えましょう。水分を充分に補給したり、すぐにエネルギーに変わる炭水化物の摂取も効果的。そして何より、リラックス気分で過ごすことが大切です。万一に備え、渡航前に緊急移送等の充実した海外旅行傷害保険に加入しておくことを強くお勧めいたします。
  • ※1名様にてご参加の場合には、1名参加の料金が適用となります。尚、1人部屋追加代金は、複数人数にてご参加頂いた場合にお1人様にてお部屋を1部屋利用頂く場合の料金となります(別途料金要)。
  • ※訪問地域には「十分注意してください」が外務省より発令されております。(2015年4月現在)

スケジュール

  • 1日目
    リマ到着
    クスコ・アルマス広場
    • リマ到着後、日本語ガイドが空港近くのエアポートホテルへご案内いたします。

    リマ

  • 2日目
    クスコ観光後マチュピチュへ
    オリャンタイタンボ
    • 午前
      朝:ホテルにて朝食をお召し上がりいただきます。

      日本語ガイドが空港へご案内いたします。

      以下のフライトをお取り下さい。(航空券代金別途)

      ラタム航空
      LA2053便 リマ発 555A クスコ着 722A
      OPERATED BY LATAM AIRLINES PERU


      到着後、日本語ガイドがお出迎え

      クスコ観光<日本語ガイド/専用車>
      インカ時代は太陽の神殿だったサント・ドミンゴ教会(入場)、12角の石(下車)、アルマス広場(下車)、カテドラル(下車)、サクサイワマン要塞跡(入場)

      日本語ガイドと共にクスコよりオリャンタイタンボ駅へ
    • 午後
      途中、ウルバンバのレストランにて昼食をお召し上がりいただきます。

      ※スーツケースはクスコへドライバーがお持ち致します。
      列車への持ち込みはできません。3日目にクスコにお戻りの際にお渡し致します。
      1泊分の荷物を分けてお持ちください。パスポートもお忘れなくお持ちください。

      オリャンタイタンボ15:37発 マチュピチュ17:02着 
      ※日本語ガイドが列車に同乗します。

      マチュピチュ到着後、ホテルへ

    アグアスカリエンテス
    (マチュピチュ村)

  • 3日目
    マチュピチュ遺跡見学
    列車
    • 午前
      ホテルで朝食

      5:30頃ホテル出発
      マチュピチュよりシャトルバスにてマチュピチュ遺跡へ

      6:00頃マチュピチュ遺跡見学(日本語ガイド・約3時間)
      インカ帝国の都市型遺跡 見張り小屋、段々畑、石切場、日時計、主神殿、聖なる石、天体観測の石、コンドルの神殿、太陽の神殿などを見学。

      9:00頃
      マチピチュ遺跡よりバスで移動。ホテルで荷物をピックアップ。
      アグアスカリエンテス駅へ徒歩で移動。

      マチュピチュ発    10:55  
      オリャンタイタンボ着 12:32

      日本語ガイドがお迎え、到着後昼食。
    • 午後
      13:45
      日本語ガイドとクスコ空港へ。
      ※お預け頂いたスーツケースをお戻し致します。

      以下のフライトをお取り下さい。(航空券代金別途)
      ※又は8:00pmまでにリマ到着のフライト

      ラタム航空
      LA2062便 クスコ発 617P リマ着 749P
      OPERATED BY LATAM AIRLINES PERU

      到着後、日本語ガイドがお乗り継ぎのアシストをいたします。

      国際線へお乗り継ぎし、ご帰国
      ※国際線は、23時以降のフライトをお取りください。

この商品のクチコミを投稿する

ツアー予約

PKGツアーコードLTE-LIM19-SUPDAN

割引中

【2019・初夢フェア】ぺルー・弾丸スペシャル2泊3日
スーペリアクラス滞在・日本語ガイド
~クスコ・マチュピチュ~

1.カレンダーから希望日を選択してください

希望日を選択

2.部屋数を選択してください

3.人数を選択して合計代金をご確認後、予約手続きへお進みください
(※ツアー参加時の年齢で選択)

部屋1

  • 大人 
    (5歳以上)

合計代金--

※日本円は目安としてお考えください

ツアー条件

  • PKGツアーコード
    LTE-LIM19-SUPDAN
    最少催行人数
    大人1名様
  • 行程日数
    2泊3日
    食事
    朝2/昼2
  • 催行会社
    H.I.S. International Tours
    ガイド
    日本語ガイド
  • 利用ホテル
    リマ:HOTEL COSTA DEL SOL
    アグアスカリエンテス:EL MAPI 又は同等クラス
    ※全都市利用ホテルの選択不可
    キャンセル規定
  • 催行日45日前より:20%
  • 催行日35日前より:50%
  • 催行日21日前より:100%

  • お申し込みと同時にお一人様$200の変更・取り消し料金がかかります。
    ※お申し込みされても、お取り出来なかった場合はキャンセル料金はかかりません。
  • 料金に含まれる
    宿泊代金、日本語ガイド、行程表中すべての送迎、鉄道運賃、観光地入場料、食事(朝2/昼2)、税金

    ※リマまでの往復航空券及びペルー国内線航空券は含まれません。別途お問い合わせください。
    料金に含まれない
    空港税、ホテルのポーター・メイドチップ、ガイド・ドライバーチップ、ツアーに含まれる食事の際のお飲み物、行程表中に記載のない食事、米国発着往復航空券、ペルー国内線航空券

料金に関する注意事項

  • ご旅程が、4/13-14、5/1にかかる際は追加料金が発生する可能性があります。予めご了承ください。
    その他イベントなどが有る場合、追加料金が発生することもございますのでご了承下さい
    料金が追加になる場合は、手配前にお知らせ致します。お手配前の時点では、キャンセル料金はかかりません。
    当コースは、安全上の都合により、5歳未満のお子様の参加を承っておりません。親御様の責任においてお子様をお連れされたい場合はご連絡下さい。

変更・キャンセル

  • 催行日45日前より:20%
  • 催行日35日前より:50%
  • 催行日21日前より:100%
  • お申し込みと同時にお一人様$200の変更・取り消し料金がかかります。
    ※お申し込みされても、お取り出来なかった場合はキャンセル料金はかかりません。

※規定時間は、出発都市 (ペルー) を基準にしております

※お名前の訂正にも規定どおりの変更手数料が発生いたします。必ずパスポート通りの綴りでお申し込みください

変更・キャンセル規定

  • 催行日45日前より:20%
  • 催行日35日前より:50%
  • 催行日21日前より:100%
  • お申し込みと同時にお一人様$200の変更・取り消し料金がかかります。
    ※お申し込みされても、お取り出来なかった場合はキャンセル料金はかかりません。

注意事項

  • 当コースは、安全上の都合により、5歳未満のお子様の参加を承ることができません。親御様のご責任において、5歳未満のお子様をお連れされる場合はご相談下さい。
  • ご出発地からリマまで、及びペルー国内の航空券代はツアー代金に含まれません。
    手配ご希望の方はH.I.S.バケーションデスクまでお問い合わせください。
    ニューヨーク・バケーションデスク:TEL 1-888-893-6228
    ロサンゼルス・バケーションデスク:TEL 1-888-544-7868
  • 米国出発はツアー出発の前日になる場合があります。米国帰着はツアー終了の翌日となります。
  • <アメリカご在住のお客様>
  • Fビザをお持ちのお客様は、裏書に学校からの新しいサインが入ったI-20の書類提示が必要です。Jビザをお持ちのお客様は、裏書に勤務先研究機関からの新しいサインが入ったDS-2019の書類提示が必要です。いずれの場合も、学校又は勤務先研究機関に必ず詳細をご確認の上、適切な手続きを行った上でご出発頂くようお願い致します。
  • 弊社は、米国及び諸外国への出入国に際し、パスポート・ビザに関するトラブルが発生した場合も、一切の責任を負いかねます。
  • <アメリカ以外にお住まいのお客様で、アメリカ経由でペルーに入国されるお客様>
  • ※1/21にアメリカのビザ免除プログラムが改訂され、下記に該当する場合はESTA(電子渡航認証)不可、VISAの取得が必要となりました。
  • ・イラン、イラク、スーダン、シリアいずれかの国籍を有する二重国籍者
  • ・2011年3/1以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方
  • (ビザ免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては限られた例外有り)
  • 万が一該当する場合はアメリカVISAの取得が必要です。
  • アメリカ大使館HP
  • ※乗継ぎ地(アメリカ合衆国)の審査上、「機械読み取り式の旅券」でない場合、査証(ビザ)の必要な場合がございます。
  • ※アメリカ通過の際に、「電子渡航認証システム・エスタ(ESTA)」の申請が必要となります。 ESTA取得代金はツアー代金には含まれません。お客様ご自身で直接取得して
  • <旅行内容に関して>
  • ※パスポートの残存有効期限の不足、及び査証(ビザ)の不備等には十分ご注意下さい。お客様ご自身がご確認されない 場合は、当社としては責任を負いかねます。ご了承ください。
  • ※日本国籍で観光目的(3ケ月以内の滞在)の場合、査証は必要ありません。
  • ※2017年4月よりパスポートの残存期限は6ヶ月以上必要となります。
  • (ペルー入国時にパスポートの残存期限が6ヶ月をきる場合はパスポートの更新をお済ませください。)
  • ※2013年11月よりパスポートの未使用査証欄が5ページ以上必要となりました。査証欄の余白が足りない方は、パスポートの増補申請又は、更新をお願い致します。
  • ※マチュピチュまでの列車は荷物制限がございます。重量5kg、縦横高さの合計157cm以内でお願いします。
  • ※現地習慣により、原則、シャワーのみでバスタブのない部屋をご用意しております。
  • ※現地事情により訪問都市、観光順序を変更してご案内する場合がございます。
  • ※フライトの時間により、朝・昼食が軽食又はお弁当になる場合がございます。
  • ※一部ペルー空港使用税は現地にてお支払いいただきます。
  • ※表示代金は旅行代金です。旅行代金には燃油サーチャージが含まれています。航空会社の申請により、燃油サーチャージの増減があった際も追加徴収又はご返金は致しません。また為替レートの変動による過不足についても追加徴収又はご返金を致しません。予めご了承下さい。
  • ※表示代金の他に空港税等(出入国税、空港施設利用料、税関審査料など)は別途必要となります。
  • ※ご旅行申込み時にパスポートの番号、有効期限、生年月日を必ず担当へご連絡お願いします。
  • ※【高山病に関して】 高山病とは低地から高地へ上がった時に、低気圧と低酸素に体が順応できずに起こる倦怠感、耳鳴り、めまい、吐き気などの諸症状。低地から高地へ登る時間が早ければ早いほど発症しやすくなります。クスコやティティカカ湖は標高が 3,000m を越える高山なので、低地から登ってくる3人に2人が山酔いと呼ばれる軽い高山病の症状を起こすようです。また、高山病を予防するには、アルコールや睡眠薬が大敵。どちらも呼吸を抑制する働きがあり高山病にかかり易くなります。高地に到着した日とその前後日は飲酒と睡眠薬の服用は控えましょう。水分を充分に補給したり、すぐにエネルギーに変わる炭水化物の摂取も効果的。そして何より、リラックス気分で過ごすことが大切です。万一に備え、渡航前に緊急移送等の充実した海外旅行傷害保険に加入しておくことを強くお勧めいたします。
  • ※1名様にてご参加の場合には、1名参加の料金が適用となります。尚、1人部屋追加代金は、複数人数にてご参加頂いた場合にお1人様にてお部屋を1部屋利用頂く場合の料金となります(別途料金要)。
  • ※訪問地域には「十分注意してください」が外務省より発令されております。(2015年4月現在)

希望の参加日を
クリックしてください

2019年1月
2019年2月
next
0102030405
06070809101112
13141516171819
2021222324$118525$118526$1185
27$118528$118529$118530$118531$1185
01$118502$1185
03$118504$118505$118506$118507$118508$118509$1185
10$118511$118512$118513$118514$118515$118516$1185
17$118518$118519$118520$118521$118522$118523$1185
24$118525$118526$118527$118528$1185

即予約可

リクエスト受け (ご予約後、Eメールでご返信)

※表示代金は大人2名様1室ご利用の際の大人1名料金です

※子供・幼児代金がある場合は次ページでご案内

注意事項

  • 当コースは、安全上の都合により、5歳未満のお子様の参加を承ることができません。親御様のご責任において、5歳未満のお子様をお連れされる場合はご相談下さい。
  • ご出発地からリマまで、及びペルー国内の航空券代はツアー代金に含まれません。
    手配ご希望の方はH.I.S.バケーションデスクまでお問い合わせください。
    ニューヨーク・バケーションデスク:TEL 1-888-893-6228
    ロサンゼルス・バケーションデスク:TEL 1-888-544-7868
  • 米国出発はツアー出発の前日になる場合があります。米国帰着はツアー終了の翌日となります。
  • <アメリカご在住のお客様>
  • Fビザをお持ちのお客様は、裏書に学校からの新しいサインが入ったI-20の書類提示が必要です。Jビザをお持ちのお客様は、裏書に勤務先研究機関からの新しいサインが入ったDS-2019の書類提示が必要です。いずれの場合も、学校又は勤務先研究機関に必ず詳細をご確認の上、適切な手続きを行った上でご出発頂くようお願い致します。
  • 弊社は、米国及び諸外国への出入国に際し、パスポート・ビザに関するトラブルが発生した場合も、一切の責任を負いかねます。
  • <アメリカ以外にお住まいのお客様で、アメリカ経由でペルーに入国されるお客様>
  • ※1/21にアメリカのビザ免除プログラムが改訂され、下記に該当する場合はESTA(電子渡航認証)不可、VISAの取得が必要となりました。
  • ・イラン、イラク、スーダン、シリアいずれかの国籍を有する二重国籍者
  • ・2011年3/1以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方
  • (ビザ免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては限られた例外有り)
  • 万が一該当する場合はアメリカVISAの取得が必要です。
  • アメリカ大使館HP
  • ※乗継ぎ地(アメリカ合衆国)の審査上、「機械読み取り式の旅券」でない場合、査証(ビザ)の必要な場合がございます。
  • ※アメリカ通過の際に、「電子渡航認証システム・エスタ(ESTA)」の申請が必要となります。 ESTA取得代金はツアー代金には含まれません。お客様ご自身で直接取得して
  • <旅行内容に関して>
  • ※パスポートの残存有効期限の不足、及び査証(ビザ)の不備等には十分ご注意下さい。お客様ご自身がご確認されない 場合は、当社としては責任を負いかねます。ご了承ください。
  • ※日本国籍で観光目的(3ケ月以内の滞在)の場合、査証は必要ありません。
  • ※2017年4月よりパスポートの残存期限は6ヶ月以上必要となります。
  • (ペルー入国時にパスポートの残存期限が6ヶ月をきる場合はパスポートの更新をお済ませください。)
  • ※2013年11月よりパスポートの未使用査証欄が5ページ以上必要となりました。査証欄の余白が足りない方は、パスポートの増補申請又は、更新をお願い致します。
  • ※マチュピチュまでの列車は荷物制限がございます。重量5kg、縦横高さの合計157cm以内でお願いします。
  • ※現地習慣により、原則、シャワーのみでバスタブのない部屋をご用意しております。
  • ※現地事情により訪問都市、観光順序を変更してご案内する場合がございます。
  • ※フライトの時間により、朝・昼食が軽食又はお弁当になる場合がございます。
  • ※一部ペルー空港使用税は現地にてお支払いいただきます。
  • ※表示代金は旅行代金です。旅行代金には燃油サーチャージが含まれています。航空会社の申請により、燃油サーチャージの増減があった際も追加徴収又はご返金は致しません。また為替レートの変動による過不足についても追加徴収又はご返金を致しません。予めご了承下さい。
  • ※表示代金の他に空港税等(出入国税、空港施設利用料、税関審査料など)は別途必要となります。
  • ※ご旅行申込み時にパスポートの番号、有効期限、生年月日を必ず担当へご連絡お願いします。
  • ※【高山病に関して】 高山病とは低地から高地へ上がった時に、低気圧と低酸素に体が順応できずに起こる倦怠感、耳鳴り、めまい、吐き気などの諸症状。低地から高地へ登る時間が早ければ早いほど発症しやすくなります。クスコやティティカカ湖は標高が 3,000m を越える高山なので、低地から登ってくる3人に2人が山酔いと呼ばれる軽い高山病の症状を起こすようです。また、高山病を予防するには、アルコールや睡眠薬が大敵。どちらも呼吸を抑制する働きがあり高山病にかかり易くなります。高地に到着した日とその前後日は飲酒と睡眠薬の服用は控えましょう。水分を充分に補給したり、すぐにエネルギーに変わる炭水化物の摂取も効果的。そして何より、リラックス気分で過ごすことが大切です。万一に備え、渡航前に緊急移送等の充実した海外旅行傷害保険に加入しておくことを強くお勧めいたします。
  • ※1名様にてご参加の場合には、1名参加の料金が適用となります。尚、1人部屋追加代金は、複数人数にてご参加頂いた場合にお1人様にてお部屋を1部屋利用頂く場合の料金となります(別途料金要)。
  • ※訪問地域には「十分注意してください」が外務省より発令されております。(2015年4月現在)

よくあるご質問

Q空港にお迎えがいるとのことですが、すぐわかりますでしょうか。

Aはい、現地係員がお客様名の入った看板を持ってお出迎えしております。安心してご到着ください。万が一係員と会えない場合は事前にお渡ししている日本語連絡先がありますので、ご安心ください。

Qホテルに喫煙室はありますか?

Aホテルによっては、全室禁煙ホテルもございます。喫煙室をご希望の場合は、ご予約時にその旨お知らせください(ホテルの空室状況によりますので、確約はできかねます)。また、全室禁煙ホテルの場合でもホテル玄関付近(屋外)に所定の喫煙所が設けてあります。

Q現地通貨は何ですか?

A現地通貨はソル(Sol)。
US$1 = 3.25PEN(2018年5月時点)

Qパスポートは絶対必要ですか?

Aペルーに入国しますので必ず必要です。

このツアーを予約する to TOP